2012-05-15

ケミカルピーリングを受けました

本日、スタッフ対象のケミカルピーリングの研修を行いました。患者さん役は、院長の私です。ピーリングは、6年以上前に受けたきりで久しぶりです。この半年間は、私は某メーカーさんより無料で頂いたAHA(α-ヒドロキシ酸)配合の化粧品、美容液、クリームを使っており、肌の調子は良いです。シミやニキビなどのトラブルがないノーマルスキンであっても、私のような年齢のエイジングスキンに対しては、角層へのケアは有効です。
AHAには、グリコール酸と乳酸の2種類がありますが、当院では30~40%のグリコール酸を使用しております。ピーリングの歴史は古代エジプトに遡ります。かのクレオパトラは乳酸入りのお風呂に浸かり、全身の美肌に磨きをかけていた、という伝説があります。
ガイドラインによると推奨度C1の適応疾患は、ニキビ、日光黒子(シミ)、小皺ですが、当院では、専らニキビに対して行っております。自費の治療ですので、何の症状もなくても患者さんのご希望があれば施術いたします。
恥ずかしながら、施術を受けている私の写真を出します。40%グリコール酸溶液を塗って、その後、水を浸したフェイシャルマスクで希釈冷却します。
粘土のようなエクセレントパックで覆います。施術者にとって素早く顔全体に塗るのは難しいようです。ゆっくりしていると、石膏のように固まってしまいます。施術を受けている者にとっては、ヒンヤリした感触が、何とも言えず気持ちが良いのです。グリコール酸を塗られた後のチリチリした刺激が、一気になくなり極楽です。石膏のようなパックを剥がすときに、古い角層が剥がれる感じで、これもまた快感です。パックを用いた冷却は、ピーリングそのものの効果には影響しませんが、施術を受ける側の満足度はアップします。
仕上げは、ビタミンCのイオン導入です。ビタミンCローションをたっぷり含ませたフェイシャルマスクに、クリップ電極を付けて10分間通電します。ピリピリはしません。パックに引き続き、冷却効果が気持ち良いです。
終了直後には、頬がほんのりピンクになりましたが、2時間ほどでさめてしまいました。さっぱりした感触です。ピーリングはレーザーと違い、熱さ痛さなどの苦痛がありません。むしろ30分間、スタッフが専属で自分1人のために施術をしてくれている、という満足感と、パックされているときの気持ち良さが重なり、1回当たりイオン導入込で8,400円は割安感があります。院長自ら施術を受けると、患者さん側の感想が分かります。

0 件のコメント:

コメントを投稿