2012-04-17

入学式

開院して1週間経ちました。この1週間、仕事の事で精一杯で、家庭のことは構う余裕がありませんでした。ちょっとだけ余裕が出たので、開院前日の9日にあった次女の入学式のことを書きます。次女はこの春に高校を卒業して、先週、都内の医大に入学しました。高2のときに医学部に行きたいと突然言い出し、奇跡の合格を果たしました。この1年間は、娘の大学受験と医院の移転事業が重なり、私の人生で最も慌ただしい年月でした。先週9日に入学式、10日に新規開院と大きなイベントが2日間続き、ほっと一息ついたところです。
次女は先月下旬から毎日、当院の花壇の水やりをしてくれました。日当500円のバイトでした。入学式当日が最後の出勤日でしたが、この日もスーツ姿で仕事をしました。お陰で開院前に花が枯れずに済みました。
さて、入学式は父母にも招待状が送られており、式終了後にはホテルのケータリングの立食パーティーが行われました。お母さま方は華やかに着飾り、和服姿の方もいらっしゃいました。長女の入学式のときは国立大学で、父母の参加者はほとんどいなかったのと対照的でした。初めて垣間見た別世界のように見えました。
3年後には長女が卒業、6年後には次女が卒業、それまでは、学費を捻出できるよう頑張らなければいけません。仕事にも張り合いが出ます。

1 件のコメント:

  1. 古谷野先生、
    お嬢様の入学、おめでとうございます。
    きっと先生と同じように、立派なドクターになります。

    返信削除