2011-12-31

ご愛読に感謝!

本年1月3日に思いつきでブログを開設し、早1年が経とうとしています。夏の繁忙期など、一時更新ができなかった日々もありますが、何とか1年間続けることができました。作文が苦手、日記も苦手、webスキルに乏しい私が続けられたのは奇跡のようです。私を支えたのは、読者の方々でした。Bloggerでは、管理人である私が、各記事につき時間、日にち、月ごとにページビュー(閲覧数)を見ることができます。読者の国、プラウザ、OS,トラフィックにより検索キーワードも分かります。どうやってブログにたどり着いたのか、検索サイトも見えてしまうので、その読者が同時に見た他のサイトも分かります。読者のプロフィールを想像するのは楽しみでした。今日は全期間を通じての統計を発表します。
現時点で全期間のページビュー数は80,118件、約8万件です。記事ごとのランキングは、
1、足の臭いの治療 6/16
2、アレロックによる劇症肝炎死亡例 7/5
3、スギ花粉皮膚炎 3/26
4、ガーダシルが発売開始されましたが 8/28
5、ちょっと一休み 11/22
6、医薬品副作用被害救済制度 7/7
7、来春に移転予定です 10/7

読者の国別では、
1、日本  77,295件
2、米国   1,862件
3、マレーシア 272件
4、ロシア   181件
5、ラトビア  69件
6、ドイツ   58件
7、中国    39件
8、ウクライナ 28件
9、フィリピン 22件

OSは全期間では、Windows82%,Android4%,iPhone4%に対して、直近の1週間では、Windows72%,Android9%,iPhone9%と、スマートフォンでの閲覧が8%から18%へと急増しているのが分かります。

このブログのリンクですが、「2ちゃんねる」に貼り付けられたようで、そのおかげで「足の臭いの治療」は堂々の1位にランキングされました。私は「2ちゃん」にはまったく興味がないのですが、一度「2ちゃんへのリンクOK」と書いたところ、貼り付け効果で閲覧数がさらに上がりました。インターネット恐るべしです。私自身は日々の仕事とブログの更新が精一杯で、ネット上での自分の評価を検索する余裕もなく、馬耳東風です。どうぞご自由にお書きください。
上記ランキングの内、薬剤の商品名が2件入っております。製薬会社などの業界のマーケティングの方々が目を光らせているのが分かります。
ブログを書いていて、いつも気にかけていたのは、個人名の公表の件です。学会の学術講演の内容を記事にするときに、素晴らしい業績だからこそ所属(病院名)と演者名を紹介したい、との意図がありますが、一方、ネット上に個人名を出されるのを望まない方もいらっしゃいます。個人名とキーワードから、その方の論文もダウンロードすることもできますので、興味のある読者にとっては個人名は不可欠です。この狭間でいつも悶々としていました。なので、諸兄諸姉の方々で個人名を出されたのが不本意な場合、コメントからその旨送信してくだされば、いつでもお名前を削除します。コメント本文は公開されません。

1年を振り返って最大の出来事は、やはり東日本大震災とその後の混乱でした。それを記録する機会に恵まれ、今年ブログを開始した意味が大いにあったと考えます。3月12日のブログには地震の瞬間を記事に書きました。私は、タンゴ世界選手権ステージ部門での史上初の日本人チャンピオン「チヅコ&ディエゴ」のダンスを見ている最中でした。想像を絶する激しい揺れの中で、曲の最後まで踊りきったチヅコのプロ根性には感動しました。私も身の危険を顧みず、最後まで見届けました。
被災され亡くなられた方々のご冥福を、心よりお祈り申し上げます。
地震の前日に移転先の土地の購入を契約し、地震後の混乱を経て、現在順調に医院ができつつあります。来年4月7日(土)かあるいは8日(日)のいずれかに、内覧会を予定しております。10日(火)より開院の予定です。年が明けたら準備に忙しくなります。ブログの更新も休みがちになりますので、ご了承ください。
まもなく新しい年を迎えます。本年は、本当にお世話になりました。来年もよろしくお願い申し上げます。皆様方にとって、輝かしい1年になりますように!

2011-12-30

日光千姫物語にて

昨夜は日光千姫物語に泊まり、今、我孫子に戻りました。職場から直行の職場直帰です。久々にゆっくりできました。
客室からは、山と川が見えました。
今朝の朝食です。湯葉と豆腐が美味しかったです。
さて、これから今月のレセプトの点検作業に取り掛かります。
明日が本年最後のブログの更新なので、1年間の統計を発表します。来年以降は、移転に伴う作業のため何かと多忙になり、おそらく更新の頻度も減ることになるでしょう。

2011-12-29

日光温泉に来ています

本日午前中には、従業員の年末調整と給与振込、源泉の納税などの仕事を終え、午後からは家族4人で温泉に出かけました。近場の日光なので、2時間で到着しました。早速温泉に浸かり、1年の疲れを取りました。今年は色々ありましたが、無事に年が越せそうです。今晩の夕食が楽しみです。

2011-12-28

仕事納め

今日で仕事納めです。この1年間は激動の1年間でしたが、患者さんとスタッフに支えられて、恙無く診療を続けることができました。10月には開業9周年を迎えましたが、お陰さまで開院以来、本年が最も患者数が多く充実した1年間でした。当院においても私個人においても節目となった年であり、私の生涯において最も印象的で思い出の多い年になりました。
書きたいことも色々あるのですが、本日はこれから、JAとりで総合医療センターの大忘年会に招待されており、出発の時間になりました。この忘年会は私にとっての同窓会であり、勤務医時代の同僚と再会できるのが楽しみです。今年は他の宴席は皆欠席しましたので、今晩の忘年会が唯一です。では、勇んで行って参ります。

2011-12-27

明日が最終診療日

今年の診療も明日が最終です。先週末より学校が冬休みに入り、凍てつく様な寒さの中で朝8時より診療を開始していますが、連日、真夏のように混んでいます。私もスタッフも仕事なので朝7:30には出勤していますが、この時間に既に来院される患者さんもいて、本当に頭が下がります。待ち時間の少ない1番目の順番を取るために、努力なさっています。どうか風邪などひかぬように、十分な防寒対策をなさってからご来院ください。
美容診療は原則として午後からの予約制ですが、シミのレーザー治療などで、どうしても明日をご希望される場合には、朝9:00までに来院してくだされば施術いたします。それ以降の場合は混雑しますので、来年の予約になります。
本日、F㈱のMRが訪問され、洋菓子をお土産に頂きました。シュークリームとチーズケーキです。診療後の疲れているときに頂いたので、格別美味しく感じました。今晩は、大学3年生の長女が冬休みで帰省しますので、自宅に持ち帰ります。ひもじい思いをしている貧乏学生なので、狂喜乱舞してがっつくでしょう。ご馳走様でした。
さあ、明日も頑張ります。

2011-12-26

忙中、古典に親しむ

私は日本の古典文学が好きです。元々理数系が苦手で、文学が大好きな典型的な文系人間です。仕事が忙しくて、中々、古典文学を読む時間がなかったのですが、ここ1年間は古典を何冊か読みました。このブログでも2月26には、「更科日記」を紹介してその感想を綴りました。大震災から8日後の3月19日、まだ大混乱の渦中でしたが、この日は診療後に「徒然草」を一気に読了し、その感想をブログに綴りました。
ブログは私の日記でもありますので、たまに昔のブログを読むと、当時を思い出し面白いです。実は、私は過去を振り返らない人間ですので、ブログの記事を一度アップしたら、自分の書いた過去の記事を読むことは滅多にありません。(正確には今を生きるのが精一杯で、後ろを向いている時間がないのです。)修正・校正なしでアップしていますので、おそらく誤字脱字や表記の誤りが随所にあるのではと思います。それでも、私にとっては貴重な記録です。人生がヒマになったら、菅原孝標女のごとく過去を回想してみます。
今年は大震災の影響で、災害文学と言われる「方丈記」をお読みになった方も多いことでしょう。地震の脅威がリアルに表現され、現代と重なります。
「堤中納言日記」の「虫めづる姫君」では、姫君が忠実な手下の男の子に、けら男(オケラ)、ひき磨(ヒキガエル)、かなかがち(カナヘビ)、いなご磨(イナゴ)、雨彦(ヤスデ)と命名し召使いにしました。まるで女王様がアッシー君、メッシー君をてなづけるようで、面白いです。
1,000年以上前から日本では優れた文学作品が作られ、または語り継がれ、それを国文学の先生方がこなれた現代和訳にされています。日本人が世界に誇れる遺産の一つが、日本の古典文学だと私は考えます。あらゆる産業でグローバルスタンダード化のもとに、英語を標準言語とする企業も増えていますが、私は英語よりも母国語で自分の考えを表現するスキルが、最重要であると考えます。国語力が基礎になり、次いでの英語力です。
私が昨今違和感を感じるのは、メールなどで使用される絵文字を、若者のみならずイイ大人がブログなどで頻用していることです。私は正直なところ、絵文字は嫌いです。携帯メールの絵文字はパソコンで開くと、=という記号に置き換わり伝わりません。ブログで絵文字が頻用されていると煩わしく感じますし、語彙力の乏しさを露呈しているようで知性を感じません。
日本が世界に誇れる美しい言語を、正確に使いこなすスキルを大人も子供も磨く必要があります。私自身も自覚しております。そのためにも優れた文学作品を読む必要があります。私は年末年始休みには、古典を読みたいと思います。その感想をブログに書きます。
(将来的には、日本文学の魅力を外国人に英語で語れるスキルも磨きたいと思っています。)

2011-12-25

しもやけ予防

この時期にしては、例年よりも寒い日が続きますね。まるで寒さの底の1月のような気候です。ここ1週間は、しもやけの患者さんが増えてきました。手足などの末梢部に生じる赤紫色の腫れです。寒冷刺激による末梢の毛細血管での鬱血が原因です。悪化すると、水疱や糜爛(びらん)、潰瘍を作ることもあります。
年齢を問わずできますが、小児から10歳代、50歳代以降に好発します。屋外でマラソンや球技などのスポーツをする習慣のある未成年者に、よく見られます。幼児では、屋外に出さなくても、冷たいフローリングの床を裸足で歩かせただけでも発症します。中高年では、屋外での作業や冷たい水に触れる習慣のある方に、よく発症します。
予防は、当然寒冷を避けることです。外出時には手袋をして、靴下も2枚着用します。水仕事では、なるべくお湯を使うようにします。発症してしまった場合には、治療は、ビタミンEの内服とビタミンE軟膏の外用です。明らかなしもやけができていなくても、手足の冷えが気になる方は、冬の間は予防的にビタミンEの内服を続けられることをお勧めします。
私は毎日朝7時ごろ、自宅から駅まで13分ほど歩きますので、数日前より足に軽いしもやけができ始めました。パソコンのマウスを触る右手も冷たいです。なので、今年もビタミンEを飲み始めました。

2011-12-22

カボチャ讃歌

今日は冬至です。冬至といえばカボチャですが、私は1年中、カボチャを毎日食べています。おそらくカボチャ抜きの日は数えるくらいしかありません。あらゆる食材の中で、最も好きなものの一つがカボチャです。
カボチャは体内でビタミンAに変わるβカロチンを多く含んでいます。βカロチンは粘膜や皮膚の抵抗力を高め、生活習慣病やガン予防に効果があるといわれています。老化の原因である活性酸素を消す働きがあり、アンチエイジング効果があります。狭心症や心筋梗塞などの原因となるコレステロールを減らす効果もあります。食物繊維が豊富なのも嬉しいです。
栄養的に優れているのみならず、あらゆる料理に合いますし、スイーツとしてもおいしくいただけます。我が家では、野菜をたくさん入れた煮物やスープをよく作りますが、カボチャは必須の食材です。電子レンジで加熱したものをサラダに入れたり、ヨーグルトをかけたり、あるいは煮た小豆や黒豆をかけたり、とバリエーションが効きます。午後3時のおやつと晩御飯にはカボチャが欠かせません。
カボチャは低カロリーでダイエットにも有効です。私は、10~20歳代前半までデブ体型でした。ピーク時には57kgと今より14kg太っていましたが、大好きだった高カロリーのスイーツの代わりに、カボチャを代替品として食べたところ、美味しさに満足し欲求不満にならずに徐々に体重が減っていきました。以来、カボチャは30年来の友です。
ただし柑皮症と言って、食べ過ぎると皮膚が黄色くなることがあります。βカロチンは、人参やみかん、トマトなどの食品にも多く含まれています。冬になると手のひらが黄色い、と言って皮膚科外来に来られる患者さんがいますが、問診すると大方は、ミカンの食べ過ぎです。あるいは野菜ジュースの飲みすぎのこともあります。食べるのを中止すると自然に治癒しますし無害です。
江戸時代に井原西鶴が詠んだ「とかく女の好むもの 芝居 浄瑠璃 芋 蛸 南京」は、永遠の真実です。私も例に漏れません。女性の嗜好を見事に表現しています。さすが西鶴先生、女を知り尽くしています。

2011-12-21

年賀状書き

年末恒例の年賀状書きを今しがた終えたところです。あとは投函するだけです。この時期に書き終えたのは、人生で最短記録です。例年は12月23日に書くようにしているのですが、この日にできないと御用納め後です。昨年は年末に温泉に行ったため、投函したのは大晦日でした。今年は、昨年の二の舞を踏むまいと、前倒しで仕事をしました。連日のブログの更新もある中で、忙しい時ほど仕事は早くなる、と感じます。
今年は、受け取った喪中葉書の数が最多でした。私と同世代の方々は両親が高齢で、亡くなられた方が多かったようです。中には、私と同年齢の奥様が亡くなったとのお知らせには、驚くと同時に、故人の方のご冥福を祈らざるにはいられません。例年、喪中葉書は全体の5%程なのに、今年は15%弱に及びました。その分、年賀状の数は減ったのですが、私は喪中葉書を頂いた方には、寒中お見舞いを出しました。
年賀状のやり取りだけで、20年以上会っていない方々もいますが、年に1度の便りで近況が分かると楽しいです。インターネットの交流サイトやメールが便利な時代ではありますが、年賀状の習慣は、おそらく永遠に続くでしょう。

2011-12-20

入試のヤマは「なでしこジャパン」

先日のFIFAクラブワールドカップでは、柏レイソルは惜しくも4位に留まりましたが、今年ほど、サッカーが国民の関心をひいた年はなかったでしょう。なんといっても「なでしこジャパン」の活躍が目覚ましかったです。今年の流行語大賞にもなりましたし、本日はプロスポーツ大賞を受賞しました。
7月の第6回女子ワールドカップ(W杯)ドイツ大会では、「なでしこジャパン」が世界ランキング1位の米国を2-2からPK戦の末、3-1で破り、初優勝しました。鮮明な記憶があります。私も優勝が決まった瞬間、感動して涙が止まりませんでした。スポーツ観戦でこんなに感動したのは初めてでした。沢穂希選手の「あきらめない」という名言は、大震災後4カ月の日本に、どんなに勇気と希望を与えたか、測り知れません。
ところで、先月に次女が受験した大学入試で、「なでしこジャパンの活躍が、日本の社会に及ぼした影響について800字以内で述べなさい。」という記述式問題が出題されたそうです。娘からこのことを聞いた瞬間、「やられた!」と思いました。娘とはサッカーの話などしたこともなく、おそらく何の知識もなかったはずです。それでも記述した内容を聞くと、さほど的外れな内容ではなかったので、ちょっとは安堵しました。
出題者も人の子です。自分が感動したことを題材として使い、受験生がどう感じたかテストしたい、という欲求を持ちます。私が出題者だったら、やはり、このネタを一番に使いたいところです。
受験生の皆さん、勉強ばっかりしていないで、たまにはサッカーを見ましょう。中学受験生から就活生まで、今年の入試のヤマは「なでしこジャパン」です。

ちなみに、英語のヤマは、10月5日に亡くなったスティーブ・ジョブズが、2005年6月12日に米国スタンフォード大学の卒業式で行ったスピーチです。Stay Hungry. Stay Foolish.と結ばれた名文です。インターネットで検索すると、英語の原稿全文と和訳のサイトが見つかります。大学受験生以上は必見です。私が出題者なら、ここから引用したいところです。

2011-12-19

移転後の診療時間

アイチケットの「いまどう」の画面に、昨日より「移転のお知らせ」を載せました。お気づきになられた方もいらっしゃることでしょう。移転先は、我孫子市我孫子1-17-20で、現在地より天王台方向に300m下った線路沿いにあり、徒歩4分の場所です。
本日、移転に伴う業務にお手伝いしてくださる方々と面談しました。移転は新規開業と全く同じ届け出が必要です。診療時間の届け出は必須であり、変更の都度、届け出る義務はあります。
以前より、患者さんより午後も一般診療をしてほしい、とのご要望があったので、移転を機に午後診療も検討しようかと考えた時期もありました。つい最近まで悩んだ結果、現在の診療時間のまま、変更せずやっていくことに決めました。午後は連日、手術やレーザーなどの予約診療のみです。
開院まで4カ月を切りましたが、タイムスケジュールを作成すると、同時進行でやらなければいけないことが明確になります。年が明けると益々慌ただしくなりますが、無事、スムーズに事が運ぶことを祈るばかりです。

2011-12-18

音楽発表会

本日は、我孫子のけやきプラザのふれあいホールにて、ある音楽教室のエレクトーン&ピアノアンサンブルコンサートがありました。患者さんのKさんが出演されると伺い、楽しみにして行ってきました。Kさんは15年前、私が勤務医で彼が高校1年生の時に、皮膚科外来を初めて受診されました。私が開業してからも、患者さんとして通院してくださっていました。東大を卒業後は、大学院博士課程を終了し、研究者の道を歩まれ、学会発表と論文作成で多忙な日々を送られているようです。それでも趣味のクラッシック音楽の鑑賞とエレクトーンは、ずっと続けているとのこと。
彼が弾いたのは、チック・コリア作曲の「スペイン」というジャズ楽曲です。エレクトーンという楽器は、1台でオーケストラやバンドのようなサウンドが作り出せて、魅力的です。パーカッションはデジタルと思えぬほど、本物のジャズドラムのようでした。フルートソロも、かっこよかったです。人前で披露できる素晴らしい芸があるのは、羨ましいです。拍手喝采です。
他にも生徒さん達の演奏を聴きましたが、小学生ながらプロ並みの上手さには、脱帽しました。
やはり技術的に一番素晴らしかったのは、教室主催者の先生の演奏でした。演奏を聴いていると、体が躍動し陶酔してしまいます。素敵でした。
今日は、素晴らしい音楽で、楽しいひと時を過ごすことができました。
             演奏中のKさん

2011-12-17

52歳になりました

今日私は誕生日を迎え、52歳になりました。この20年の間、私は52歳になるのをずっと待ち望んでおりました。
私は30歳で長女を出産し、32歳で取手協同病院(現・JAとりで総合医療センター)の皮膚科科長になりました。このとき長女はわずか1歳半。科長として赴任した以上は、2年間は務めるようにとの教授命令でした。「子持ちの女医はあてにならない。」との烙印を押されないように、その命に従い、正味2年と2週間の勤務の後に、次女出産のために産休に入りました。34歳で次女を出産。産後はわずか7週間後に職場復帰し、通常の勤務を続けました。
2人の乳幼児を抱えての診療業務は、筆舌に尽くしがたいほど過酷でした。仕事と育児の両立は難しく、私は仕事優先で、子供たちには我慢ばかりを強いてきました。でも過ぎてしまえば、辛かったことは忘れ、楽しかったことばかりが思い出に残っています。
42歳で開業してからは、私は日曜日も祝日も仕事しているため、子供たちとはすれ違いで、あまり関わってあげられませんでした。しかし「親がいなくても子は育つ」の言葉通り、3年前に長女は高校卒業と同時に、国立大学医学部入学のため家を巣立ちました。そして、このたびの次女の医学部合格が続き、私が仕事に夢中になっている間に、子供たちはいつの間にか成長していました。
子供たちが小さかった頃は、2人とも高校を卒業し大学に入ってしまえば、子育てが一段落し自由の身になれる、とずっと待ち焦がれていました。52歳になったら、あれもやりたい、これもやりたい、と色々な夢もありました。
でも「悲願成就」してみると意外にあっけなく、昨日までの自分と変わりません。おそらく、子育てしながらも仕事や趣味や遊びを封印することなく、やりたいようにやってきたからだと思います。今更ガツガツしなくても、今の生活に十分満足しています。
子育ても無事終焉を迎えようとし、次のライフステージが始まります。健康で働けることに、感謝する日々です。20年後も楽しみです。
      今朝、院長室から富士山が綺麗に見えました。写真では分かりづらいですが。
      晴天の朝は毎日見えるのですが、ブログでは初登場です。
       帰り際に外を見ると、夕富士がきれいでしたので、また撮りました。

2011-12-16

メジャーアップデート完了

1週間前にスマートフォンAndroid2.2を購入し、操作が慣れたところで、本日メジャーアップデートを行いました。予想したよりも手間がかかりました。
購入した機種は丁度1年前に発売された旧スペックなので、ビルド番号がS1900になるまでソフトウェアの更新を5回ほど手動で行い、所要時間は1時間かかりました。1回では済まないのです。
その後、PCとUSBで接続し、メジャーアップデートを行ったのですが、私はここで躓きました。予めPCにUSBドライバとメジャーアップデートツールの2種類のソフトをダウンロードしておく必要があるのですが、私は後者のみしかダウンロードしていなかったため、操作中に「USB通信ができません。」のエラーメッセージが出て、次に進めませんでした。1時間ほどネット検索したら、YAHOO知恵袋に同様の質問があり、「USBドライバをインストールしてください。」との回答にヒントを得て、それに従ったところ、1時間弱で無事にメジャーアップデートが完了しました。設定を確認したら、OSがAndroid2.3.4に変更されていました。電話帳のデータもそのまま残っていました。
結局3時間ほど所要時間を費やしました。スムーズに行けば、おそらく1時間40分ほどで終了したことでしょう。でも躓いて自分で解決すると、ワザを習得することができるので、決して無駄にはなりません。私にとってデジタル機器は、試行錯誤で操作法を学ぶしかないようです。

2011-12-15

埋め込みカレンダー

当院のHPの休診カレンダーは、Googl カレンダーの埋め込みです。昨日、カレンダーが表示されない、との指摘のお電話を頂きました。HPの更新は、5ヵ月以上前にしたきりで、最近はまったくしていないため、外部リンクが外れていると予想しました。Googl カレンダーにログインすると、以前とは色が変わっていました。いつの間にかGoogl カレンダーのサイトが更新されていたようで、それに伴いソースのコードも変わりました。なので、昨夜は改めてソースを貼り直し、きちんと外部リンクが表示されるようにしました。ついでに4月までの休診日も追加しました。
またいつか、Googl カレンダーが更新されると、今回と同様に表示されなくなります。実は、私はHPそのものをまったく見ないため、それに気付かないのです。患者さんの方がよく気付かれると思いますので、今後もご指摘くださるとありがたいです。
HPは自宅のPCからのみ更新可能で、滅多に更新しないため、前回できた方法でも忘れてしまうことがよくあります。私にとってHPの更新は、よほど時間があるときでないと、やる気が起こらず億劫です。webスキルに乏しい私が、プロの手を借りず試行錯誤しながら自前で運営しているので、見苦しい点が多々ありますが、ご容赦ください。
その点、ブログは簡単です。どのPCからもスマホからも更新できます。ただ、運営するGooglのシステム上の問題で、エラーが起こることがよくあります。復旧するまで2~3日かかったこともあり、イライラしながらも待つしかありませんでした。ちなみに、ブログの右上のカレンダーは、雛形になかったので、私が自力で埋め込んだ外部リンクです。パソコンでは表示されますが、おそらくスマホや携帯の画面では表示されません。

2011-12-14

久々のレッスン

昨夜は、スポーツクラブでのZUMBAのレッスンに久々に参加しました。私は、9月末をもってクラブを一時退会したものの、ここ2カ月間はビジター料金を払って、数回参加しました。先月は、品川での学会のついでに天王洲アイルまで遠征してきました。(学会会場にはいつものコスチューム一式持参です。)やはり私はZUMBAが好きなのです。
「じゃあ、そんなに好きなら何故、辞めちゃったの?」
本当の理由は一つです。
受験生の母だったからです。次女が医学部志望で連日、遅くまで勉強していました。10月からは志望校を絞り、本格的な対策をしなければならない時期でしたので、この時期に母が、週に4回もZUMBAで踊り、浮かれている場合ではないと考えました。なので、次女が大学合格するまでは、「自粛」するつもりで退会したのでした。ビジターで参加するなら回数も限られますので、息抜き程度には好都合でした。
現役合格はまず無理、と予想していましたが、このたび早々と医学部合格が決まり、私が「自粛」する必要がなくなってしまいました。嬉しい拍子抜けです。自粛期間はわずか2カ月余りで済んでしまいました。
1カ月に4回以上行くなら、会員になった方が安いので、来春移転し落ちついたら、早々に再入会する予定です。
昨夜のレッスン終了後に、ある患者さんに声をかけられました。「もしかしたら古谷野先生ですか?診療中とは、あまりにもイメージが違うので、ずっと別人かと思い、まさかと思い声をかけにくかったです。」
そりゃー、そうです。レッスン中は、お腹を臍下まで出したビキニ姿に近いコスチュームで踊っています。コスプレも楽しみの一つです。
インストラクターの先生のsexyで華麗なダンスに魅了されて、否が応でもモチベーションを刺激され続け、のめり込んでしまいました。先生が、いつまでも素敵な笑顔で御指導してくださることを願ってやみません。

2011-12-13

70歳代は花盛り

12月はパーティーの季節で、ダンスをされている方は、お披露目の機会が多いことと思います。今月、当院の美容メニューでご要望が多いのがヒアルロン酸の注入です。今月はダンスの晴れの舞台が控えているため、若々しく見られたい、と御希望される70歳代の方々が多いです。女性ばかりでなく男性もです。
ある70歳代の女性の患者さんは、シミやイボを取って、次はヒアルロン酸注入でシワをなくしたら「まだまだイケテル自分」を再発見し、自信を取り戻されたようで、次はピアスを入れてと、オシャレに磨きをかけています。1か月前に来院された時とは別人のように、若々しく綺麗になられました。
ある70歳代の男性の患者さんは、2年以上前に当院で初めてヒアルロン酸を注入したところ、「他院と比べてモチが良いので、お得。技術的にも仕上がりが気に入った。」と褒めてくださり、リピーターになってくださっています。本日も来院され、「ここで治療した後ダンスに行くと、若くなったと言われる。80歳過ぎても通い続けます。」とおっしゃってくださいました。治療後に処置室で、華麗なステップを披露してくださったのには驚きでした。
70歳代は子育ても終わり、介護からも解放され、自分さえ健康ならば、自分のために時間もお金もかけられるゴールド・エイジです。「老人」の呼び名が似つかわしくないシニア・パワーに、私も元気を頂いています。

2011-12-12

我孫子市は太っ腹

12月2日のブログで、子宮頚がん予防ワクチンは標準スケジュールから外れた場合には、公費負担の対象にはならない、との記事を書きました。この件で我孫子市健康づくり支援課に問い合わせたところ、課長と課長補佐のお二方が本日当院にお見えになり、事の経緯を丁寧に説明をしてくださいました。その上での結論は以下のごとくです。
「医療機関の窓口で、10月5日のFAXを根拠に標準から外れた接種でも公費の対象になると説明済みの方には、そのまま公費負担で通してください。この場合は国からの50%と県からの25%の助成金は出ませんので、我孫子市が本来25%で済むことろを100%全額を負担します。ただし、もし来年度もこの事業が継続され対象者ならば、標準スケジュールでの接種を勧めてください。そうすれば我孫子市の負担は25%で済みます。
11月25日には、標準から外れた場合には不可とのFAXを出しましたので、それ以降の接種者には、本来の指針通り自費になることを説明してください。」

標準スケジュールから外れたケースは、100%自己都合です。年度初めより、9月中に初回接種が必要なことは知らせていたはずです。自己都合の方に対しても、我孫子市は医師会と協議の上、税金を投入して救済措置を講じることにしたそうです。市の財政状況の詳細は存じませんが、太っ腹ぶりに感心しました。担当者によると、このような措置は他の自治体でもあり得ることだそうです。
市町村の行政担当者は、厚労省の意向に従いつつも、医療機関の意向や要望を聞き入れなければならず、その板挟みにあって御苦労なさっていると思います。本当にお疲れ様です。

2011-12-11

久々のパラティーノの丘

今晩は、久しぶりにお気に入りのレストラン、「パラティーノの丘」に家族3人で行きました。自宅から徒歩5分のご近所です。3月にブログで紹介して以来、私のブログを見て行かれたお客さんが相次いだ、と本日シェフから伺いました。嬉しいことです。
本日は、次女の大学合格のお祝いと、今週末の私の誕生祝とを兼ねました。ここのお店は「安い!早い!うまい!」と三拍子揃い、イタリアの家庭料理風で、私の好みのカンツォーネのBGMが流れ、オープンキッチンからオリーブオイルの香が漂い、食欲を誘います。寛げて気分もオフになれます。ありふれた素材がシェフの手にかかると、本場イタリアのリストランテを凌ぐ高級料理に生まれ変わります。プロの料理人によるマジックです。
             クリスマスツリーが飾られていました。

いつもながら料理を写真に撮ろうとすると、食べてしまってから途中で気付き、慌てて撮ります。ワインが入るとなおさらそうです。今回も二口三口食べてから撮りました。
この品数の料理で一人分3,200円とは驚きです。好みのイタリアワインも1本2,000円と激安でした。お腹も一杯、幸せな気分になれて、大満足でした。

2011-12-10

スマホからブログ

昨日スマホを買って、この小さなおもちゃに、すっかりはまっています。操作にも慣れて、今、ブログをスマホでうっています。携帯よりもパソコンに近いため、私にとっては馴染みやすいです。 私は携帯の日本語入力とテンキーが苦手で、携帯をついに使いこなせないまま、卒業してしまいました。スマホがこんなに簡単とは予想しませんでした。ヘビーユーザーになりそうです。

2011-12-09

スマホを買いました

今日は、柏のビックカメラでスマホを買いました。携帯電話からの機種変更です。秋口よりソフトバンクのLUMIX phoneを買うつもりで決めていたのですが、11月中旬発売予定の所がいまだに発売されていないことが分かり、なんでもいいと開き直り、店頭の最安値の機種を購入しました。(思い立ったら待っていられません。)機種はGALAPAGOS 003SHで、価格は11,760円でした。ソフトバンクのポイント6,300円、ビックカメラのポイント278円を利用し、さらに10%のポイントがついて、実質4,663円で買いました。今まで持っていた携帯電話よりも、はるかに安くて驚きでした。ただし旧スペックのAndroid2.2なので、自分で2.3にアップデートしなければ、電子カルテの閲覧はできません。それくらいは何とかなりそうです。
手にしてみると、まだ操作が不慣れのため思うように使えません。かろうじて自分のブログを見ることができました。スマホでブログを見たのは初めてで、パソコンとは違う画面であることに気付きました。いつかスマホでブログの更新をしてみます。

2011-12-08

祝!医学部合格

本日、次女の大学推薦入試の発表があり、第一志望校の東京女子医大医学部に合格させていただきました。私にとって今日は、本年で最も喜ばしい日となりました。
次女が通う高校の先生方には、本当にお世話になりました。日頃より、献身的な御指導には本当に頭が下がる思いでした。心より御礼申し上げます。
思えば、次女は生まれた時より標準よりも成長が遅く、学童期まで発達障害ではないかしら、と私は心配しました。中学受験をして長女と同じ学校に入ったものの、成績も振るわず低迷状態。高校に進級したものの1年間は低空飛行。2年生の2学期より徐々に授業内容が理解できるようになると勉強が面白くなり、急に成績が上昇。3学期に突然、医学部に行きたいと言い出し始め、普通科より医科コース(医学部志望者の特進クラス)への編入試験を受験。
3月11日大震災の当日に、激しい余震の中で、学校の先生より医科コースへの編入許可証を受け取りました。
高校3年生になってからは、親の目から見ても人が変ったように一心不乱に勉強しておりました。しかしながらクラスメイトとの学力の差は歴然で、その差はなかなか埋まりませんでした。外部模試でも医学部はE判定ばかりで、現役合格は不可能に近かったのです。それでも東京女子医大を第一志望と定め、先月末に推薦入試を受けました。
正直なところ、私は合格はまず無理だろう、と考えていました。結果はともあれ、よくぞ、ここまで頑張って追い上げてきたと、その努力を讃えたい気持ちで一杯でした。
そして本日の、まさかの合格発表。私は、逆転劇に感動しました。
私は次女に、一度も医学部受験を勧めたことはありませんでした。無理だからやめたら、とは何度も言いました。皮膚科を勧めたこともありませんが、志望理由書には「患者さんの心のケアができる皮膚科医になりたい。」と書いてありました。面接官にも、それを伝えたそうです。
医学部合格がゴールではなく、本日を出発として、生涯に渡り精進し研鑽を続けていってほしいと切に望みます。おめでとう!

2011-12-07

年内の予約状況

本年も残り3週間余りとなりました。当院の年末年始の休診は12月29日~1月3日までの6日間です。
手術と美容治療は午後から予約制で行っておりますが、年内の空き状況についてお知らせします。18日(日)、21日(水)~27日(火)で予約の空きが数件あります。最終診療日の28日は一杯です。手術の予約は診察が必要です。美容の予約は、一度診察を受けられた場合には、その後は電話で可能です。
脱毛については、ワキのみならば予約なしで当日可能です。(ただし前日か当日に予め剃毛が必要です。)それ以外の部位では予約が必要ですが、現在のことろ、来週以降はいつでも予約が可能です。
例年、年末の美容治療で多いのは、Qスイッチレーザーによるシミの治療です。10日間、ハイドロコロイド製剤の絆創膏を貼る必要があるため、仕事をされている方は、休暇前に施術を希望される方が多いです。今年は、先月よりヒアルロン酸注入の施術の件数が多くなりました。レーザーと違いダウンタイムがなく、即効性があり、施術中に鏡を見ながら効果を確認できます。内出血により紫斑ができることもありますが、翌日より化粧で隠せますし、他人からは気付かれません。40~80歳代の方に施術しますが、どの年代の方にとっても満足度が高いようです。年内に治療を受け、若々しくなって新年を迎えたい、との御希望が多いようです。
学校に通っているお子さんで、冬休みになってから手術を希望されて来院されることもありますが、できれば休み前に受診の上、休み中の予約を入れられるのをお勧めします。

2011-12-06

保湿が欠かせない部位

冬も本番を迎え、本格的な乾燥対策が必要になってきました。本日は、皮膚の解剖と生理に基づいた保湿ケアについて説明いたします。皮膚の最外層は表皮であり、さらにその外側には表皮細胞が角化した角化細胞(ケラチノサイト)が十数層重なっています。ケラチノサイトの間は角層間脂質で埋められています。
主な角層間脂質は2種類あります。
①皮脂腺由来のトリグリセリド(不溶性)
②ケラチノサイト由来のセラミド(可溶性)
これらの角層間脂質は、保湿機能とバリア機能という役目を果たします。ケラチノサイトは全身の皮膚に分布しますが、一方、皮脂腺は必ずしも全身に一様に分布しているわけではなく、多い部位と全くない部位があります。皮脂腺は毛包とともに存在しますので、毛のないところには存在しません。多く分布するのは、頭、顔のTゾーン、胸、背中上部、脇の下、外陰部などで、いわゆる脂漏部位と言われ、ニキビができやすい部位です。一方、毛のない手のひら、足の裏、唇には毛包・皮脂腺は存在しません。この部位の角層はトリグリセリドを含まないため、角層の水分は簡単に失われてしまいます。セラミドは可溶性のため、手をお湯や洗剤に付けると簡単にセラミドも抜けてしまいます。
したがって、手、足の裏、唇は、冬の時期には保湿が欠かせない部位です。顔のTゾーンは洗いざらしでもOKですが、手足唇だけはきちんとケアをしましょう。
ちなみに私の場合、夜寝る間には、唇にはワセリンをべったり、踵には尿素軟膏、手にはヘパリン類似物質含有軟膏の他、手荒れがひどい時にはステロイド軟膏を塗ります。塗った日の翌日はスベスベですが、数日サボると踵はヒビ割れた「鏡餅」になり痛くて歩けません。冬はスキンケアが必須です。

2011-12-05

スマホで電子カルテ

当院では、油井コンサルティング のドクターソフトという電子カルテを開院以来使用しております。10年前には電子カルテの種類は限られており、たまたま知人が使用していたため採用しました。正直なところ満足はしておりません。しかしながら、この機種に慣れてしまったのと、他の機種に替えた場合に今までの情報の閲覧が困難になるので、現在のところ変更する予定はありません。
このたび、ドクターソフトをスマホで閲覧することができるようになったそうです。本日そのデモをしてもらいました。分かったことは、
1、閲覧したい患者を指定し、予め無線機器を用いてスマホにダウンロードしておく必要がある。
2、全患者の情報をダウンロードするには数日を要し、なおかつ重くなるので実際的ではない。
3、電子カルテの画面とまったく同様というわけには行かず、その一部のみの閲覧に留まる。
4、現時点は閲覧のみで、スマホで入力したデータを電子カルテに移行することはできない。

以上の制約があるものの、処置室などでの予約外来で、スタッフが患者情報を見る分には使えそうです。
OSはAndroid2.3か2.6に限られ、iPhoneには対応していないとのこと。私はデジタル機器に滅法弱いのですが、近いうちに携帯電話からスマホAndroid2.3に買い替えるつもりです。クリニックでのIT機器は進化し、10年前には予想しなかった機器が次々に登場します。今から10年後のことを想像することは難しいです。老体(頭)に鞭打って、新しいことに取り組んで行きたいと思います。

2011-12-04

日立グラウンドが遊び場

柏レイソルのJ1初優勝おめでとうございます。今朝は見事な快晴で院長室から富士山が美しく見え、天も寿いでいるようでした。
私は特別レイソルファンではありませんが、私にとっては地元の町のサッカーチームです。私は柏で生まれ、柏八小、柏四中、東葛高校と小中高とも柏でした。現在の日立柏サッカー場は、実家から徒歩5分の場所にあり、小中学校の学区内でした。
柏市は歴史的には、戦時中は日立製作所の軍需工場がありましたが、戦後に社員寮や福利厚生施設に変わりました。私が生まれた当時、現在の緑が丘のバス停付近には、通称「日立の売店」がありました。日立柏サッカー場は、以前は日立柏総合グラウンドと言っていましたが、その前は軍需工場を撤去した後しばらくは未整備の雑木林や空き地の状態でした。小中学校時代、放課後には日立の空き地で友達とボール遊びをしていたことがあります。ドッジボールやバレーボールです。当時の私は、塾も習い事も行かず、野放しの状態でヒマでしたので、友達に誘われるまま行っていました。でもいつまでたっても下手なままだったので、そのうちに飽きてしまいました。
1985年に日立柏サッカー場が建てられ現在に至りますが、試合の日にはサポーターの雄たけびと鳴り物の響きが、現在の私の家にもよく聞こえてきます。街ですれ違うサポーターの表情で試合の結果が大体分かります。しばらくは、柏の街は祝賀ムードで賑わっていることでしょう。ホットスポットなどの暗いニュースの中、久々の明るいニュースで元気づけられた方々も多いことでしょう。

2011-12-03

痩せるのは簡単!

体脂肪を落とすのは簡単です。私が、昨年5月にスポーツクラブに入会して、エクササイズに励んだ結果、特別なダイエットをしなくても体脂肪は減りました。
昨年:体重46.7kg、体脂肪率24%
本日:体重43.2kg、体脂肪率14%
体重は-3.5kg、内訳は脂肪量-5kg、筋肉量+1.5kg、体脂肪率は-10%。
ちなみにBMIは18.9%で標準下限です。
脂肪が減って筋肉量が増えると、体を動かすのが楽しくなります。スポーツクラブに行かなくても、自宅でDVDを見ながらワークアウトするのが趣味になりました。
昨夜は底冷えするようなフローリングの床の上で、暖房なしで、エクササイズをすると30分くらいで暑くなり汗をかきました。冬は、運動するのに適しています。最近、ハマっているのはトレーシー・メソッドvol.2の最強の腹筋トレーニングです。元バレエダンサーだったトレーナーなので、動きは美しいのですが、内容的にはビリーのブートキャンプ以上に過酷です。やり遂げると達成感があります。
夏には、運動後にはビールがつきものでしたが、この寒さではその気になれず、飲酒量が減ったこともあるのか、ここ1カ月でさらに体脂肪は減少傾向です。
一方、筋肉量を増やすのは容易ではありません。最初の1年間で1.5kg増えても、ここ半年間は現状維持で変わりません。なかなかマッチョにはなれないものです。
カロリー制限をしたダイエットのみでは、筋肉量が増えないため、基礎代謝が上がらず、ダイエットを中止した途端に必ずリバウンドが起こります。筋肉量を増やし、細胞質内のミトコンドリアを増やし、ATPサイクルを活性化させることが、「太らないカラダ作り」の基本です。食事療法と運動療法を上手に組み合わせれば、100%誰でも簡単に痩せられます。(という固い信念を私は持っています。)趣味でダイエット外来をしてもよいのですが、本業が多忙でそこまで手が回りません。

忘年会シーズンです。今晩も来週末も忘年会なのですが、今年はすべての宴席を欠席でお返事を出しました。(ダイエットのためではありません。)いつも皆勤だった私が欠席すると、関係者は心配されるかもしれませんが、私は元気で過ごしております。

2011-12-02

子宮頚がん予防ワクチン接種スケジュール

子宮頚がん予防ワクチン、当院ではサーバリックスを採用しておりますが、公費負担は平成24年3月31日をもって終了です。接種スケジュールは、1回目接種後1カ月で2回目接種、2回目接種後5カ月で3回目接種が標準とされました。なので当初から、公費負担対象者は9月末までに初回接種を済ませるように、との案内があったはずです。にもかかわらず、10月に入って初回接種を受けた方が続出されました。
駆け込み乗車に間に合わなかった方を救済するためか、10月5日付で我孫子市健康福祉部健康づくり支援課より、「やむを得ない理由により標準的な間隔からはずれた場合には、2回目と3回目の間隔は最低16週(112日)以上あければよい。」との趣旨のFAXが送られてきました。当院では、この文書を根拠に、10月初回接種の方にも3月に3回目を受ければ公費負担の対象になります、とご案内しました。
ところが11月25日には、「当初の標準スケジュールから外れた場合には、公費負担の対象にはならない、と厚労省と千葉県から指導が入った。」とのFAXが送られてきました。前言を撤回する内容でした。
医療機関側にとって混乱を招くこと必至です。最初から分かっていたことなので、なまじ中途半端な期待を持たせるような10月5日の文書は、迷惑千万です。当の本人の中高生達も、3月にタダだと思って来院したら、窓口で自費の初診料3150円と接種料15,750円を請求されたら、面食らうでしょう。
当院では、該当者に文書を郵送して、予めお知らせすることにしました。この件に関してのお問い合わせは、直接、我孫子市健康づくり支援課(保健センター)04-7185-1126までお願いいたします。

2011-12-01

巻き爪矯正VHO臨床応用法の講演会

去る11月27日の日曜日、台東区駒形で巻き爪矯正VHO臨床応用法の講演会がありました。講師は、大阪のシュウゾー先生です。先生は、長年に渡り多数の巻き爪の症例にVHO法を施術され、そのエキスパートでありますが、近年ではフェノール法も取り入れ、現在では症例に応じて双方の治療を使い分けされているそうです。
治療の適応の分類は、
①爪の彎曲もなく、オーバーネイルもない場合は、保存的療法
綿球を詰める、テーピング法、ガター法、アクリル人口爪法
②爪の彎曲があり、オーバーネイルがない場合は、爪の矯正治療法
VHO法、超弾性ワイヤー法、巻き爪クリップ
③爪の彎曲があり、オーバーネイルがある場合は、フェノール法

以上の分類と患者さんの希望を取り入れて、治療方針を決めるそうです。
VHOの長点は、ワイヤーを爪の中央部にかけるため、短く切った爪にも施術可能なことと、付けっぱなしで良いため患者さんの手を煩わせなくても良い点です。爪が伸びてくれば、受診して再施術が必要ではあります。
別の矯正法に巻き爪クリップがありますが、こちらは、爪が伸びていないと装着できませんし、肥厚した爪には装着できないこともあります。患者さんが自分で脱着するため、ご高齢の方にとっては難しいようです。ただしクリップが劣化破損しない限り、何度でも再利用できるので、若い方で手慣れた患者さんには向いています。
VHO法を含む、矯正法の欠点は矯正を中止すると、彎曲が再発することが多いのが欠点です。明らかにオーバーネイル(爪の幅が広い)があり、爪の陥入による皮膚損傷と肉芽腫がある場合には、VHO法を試みても無効なことが多く、フェノール法が最適の治療であると強調されていました。ただし、最終的には患者さんの要望が第一で、手術はどうしてもいやだ、という患者さんには、VHO法や他の保存的療法で頑張ってみる、とのことでした。
私自身は、フェノール法は20年以上のキャリアがありますが、VHO法は、ライセンスを取得しても施術の経験がほとんどありません。道具一式はすべて揃っています。自分や家族の足の指で練習してから、適応の患者さんがいれば施術してみます。