2011-09-28

インフルエンザ予防接種について

季節はすっかり秋です。寒暖の差が激しく、体調を崩される方も多いかと思います。今日は、インフルエンザ予防接種についてのお知らせです。当院では、昨年までは予防接種は行っておりませんでしたが、本年は我孫子市高齢者インフルエンザ予防接種委託医療機関に登録いたしました。我孫子市保健センターからも手引きや予診票などの必要書類が送られ、いざ、ワクチンを発注しようとしたところ、足止めを食いました。
以下に、厚労省からの9月22日付の文書の一部を抜粋します。

北里第一三共ワクチン(株)の季節性インフルエンザワクチンの一部に、トリレオウイルス(※)の混入が確定し、約236万本分の季節性インフルエンザワクチンを出荷することができなくなりました。その結果、今シーズンのインフルエンザワクチンの供給予定量は約2,700万本となります。
 現時点では、需要予測やそれに基づく近年の供給実績及び実際の使用実績を見ると、今シーズンの需給への影響は少ないものと考えられます。一方、インフルエンザワクチンが混乱なく安定的に供給されるよう、各都道府県等に分割納入、在庫量の把握体制や医療機関の在庫状況の住民への周知体制の確立等の徹底を求めます。また随時、情報提供を行っていく予定です。
【参考】
  1.今シーズンのインフルエンザワクチン供給予定量:約2,700万本
  2.今シーズンのインフルエンザワクチン需要予測:約2,771万~2,798万本
  3.北里の製造予定量:約242万本
(※ トリレオウイルスは、トリの関節炎の原因ウイルスです。ヒトに対する病原性は知られていません。)

以上の理由により、厚労省の指導のもと、各医療機関には昨年度の購入実績に基づいた本数のみしか購入することができません。つまり、当院は昨年度は一般の患者さん用に購入した実績がないので、現時点では新規に購入することができない状況です。医薬品の卸に尋ねたところ、12月頃には供給可能の見込みだそうです。それまでは、市の委託機関ながら、当院ではインフルエンザの予防接種はお受けできません。
ちなみに接種料金は、65歳以上の高齢者は自己負担額1,100円、ただし一定の条件を満たす方は自己負担額が免除されます。それ以外の3~64歳の方は一律に3,990円、予診のみでは2,730円です。12歳以下では2回接種が必要です。なお3歳未満の方には接種はいたしません。
ご迷惑をおかけしますが、ワクチンが納品されたら改めてお知らせいたしますので、今しばらくお待ちください。

0 件のコメント:

コメントを投稿