2011-05-31

ZUMBAで完全燃焼

火曜日の夜は、柏のスポーツクラブでZUMBAのレッスンが続けて2コマあります。お馴染みのインストラクターが1週間の内、最もハードな筋トレをします。同じインストラクターでも、参加者のレベルや年齢に合わせて、手加減します。私は、もちろん激しいのが好みです。ゆるいと、不完全燃焼に終わってしまいます。今夜は、ガンガンに飛ばしまくり、発汗量も半端ではありませんでした。通常1レッスンで400mlほどの水分補給しますが、今夜は2レッスン2時間でポカリスエット900mlを飲みました。レッスンが終わると、完全燃焼の充足感で満たされました。帰宅してからも、喉の渇きに耐えられず、アサヒスーパードライ350mlを一気飲みです。いつもながら、肉体労働の後のビールの旨さは格別です。
私は1年前に比べ、明らかに腹部の皮下脂肪が減少し、ウエストが細くなりました。その代り、筋肉がしっかりついたため、四肢はむしろ太くなりました。見た目で著しいのは、腹直筋と正中の割れ目、上肢では三角筋と上腕二頭筋、下枝では大腿四頭筋、ヒラメ筋です。皮下脂肪が少ない分、筋肉の形状が鮮明です。(インストラクターによると、女性は腹部のシックスパックはできにくい、とのこと。)
運動をすると気分も爽快です。今の私にとって、ZUMBAが最大のリフレッシュの方法です。これからも続けていきます。

2011-05-30

いつ来たらすいているの?

本日は、今月の最終診療日でした。明日は月末の定期休診日です。先刻、レセプト点検の作業を終えたところです。5月は、昨年の7月、8月に次ぎ多かったです。真夏並みに繁忙でした。今月は連休明けに夏日が続き、気温が高かったせいと思われます。足白癬、爪白癬、体部白癬などの患者さんも多かったです。疾患の詳細は、また別の日にします。
患者さんからのよくあるご質問「いつ来たらすいていますか?」
お答えします。「土日はいつでも混んでおりますので、平日をお勧めします。時間帯は強いて申し上げると9時前後です。1ヵ月のうち月初めと25日以降は混みますが、中旬がすいています。1週間で混んでいる順では、土、日、月、火、水、木、金の順です。ただし、天候に左右されやすく、雨の日はすいております。梅雨時の晴れ間の日は、混雑が予想されます。梅雨のシーズンは雨の日がお勧めです。」
6~8月は皮膚科の最繁忙期です。混み具合はお天気次第なのですが、インターネットのオンライン受付を上手に利用されるのが、賢明です。

2011-05-29

大学の後援会総会

昨日、長女の通う大学の後援会総会と教員との懇談会、施設見学会がありました。私は仕事でしたので、夫が出席しました。娘は医学部3年生で、入学して以来、毎年開催されているようですが、今回が初めての出席です。帰宅した夫から、大まかな話を聞きました。大学の教官から今年の医師国家試験の合格率についての話があり、在学中に留年経験のある学生は合格率が低い傾向にある、という至極当然の結果であったそうです。大学としては、国試対策のグループ学習などには関与せず、学生の自主性に任せてはいるが、セイフティネットすなわち同級生との繋がりがない学生は不利になるとのこと。ただし、チューターという担任がいて大学生活全般について相談にのってくださってるそうです。
最後の質疑応答では、ある保護者から「勉強が大変で、定期試験にパスするために膨大な時間を割かれ、部活動をしている時間的余裕がない。部活を退部したくて先輩に伝えてもやめさせてくれなくて、困っている。」と、まるで中学生のような悩み事の質問があったそうです。いずこも同じです。
全般として、国立大学と言えども、学生に対しての面倒見が30年前と比べ良くなっています。私の在学中には、保護者対象のこうした会など一度もありませんでしたし、大学側が国家試験合格率アップのため努力している様子はまったくありませんでした。ほったらかしにされていましたので、学生側が危機感を持って自衛していました。カリキュラムがゆるすぎで年明けまで卒業試験をやっていて、実質的に国家試験の勉強に専念できたのは直前の3カ月だけでした。それでも何とかなりました。正直なところ、国試に落ちるとはとても思えませんでしたが、卒業できるかどうかが最大の懸念事項でした。
今の医学生は、過密なカリキュラムの講義、実習、試験に追われています。時間的余裕がない中、精一杯、部活動にも励み、過酷な生活を送っています。でも、こういった生活に耐えた者のみが、医師になる資格があります。娘は多忙でほとんど家には帰りませんが、心身とも健全で、恙無く無事進級、卒業してほしい、と願っております。まずは、渦中にある生化学、細菌学を無事クリアできますように・・・。

2011-05-28

100歳のご長寿の証

本日は土曜日、いつもの如く混んでおりました。当院では土曜日の受付時間は9:00~12:00なのですが、100人以上の患者さんが来院されました。100人目の患者さんは100歳のご婦人でした。順番も100番、年齢も100歳でキリ番でした。その方の主訴は、お顔にできた老人性イボでした。
老人性イボは、正しくは老人性疣贅あるいは脂漏性角化症と言われる表皮肥厚を主体とした良性腫瘍です。通常シミから始まり、徐々に隆起して老人性イボになります。文字通り加齢とともに発症し、無害です。放置しても全く問題ないのですが、顔に生じた場合、患者さんのご希望があれば美容目的で治療します。当院では、液体窒素療法は行いません。理由は液体窒素療法では完全に取れないこともあり、たとえ取れても色素沈着を残します。自費の治療ですが、CO2レーザーを用います。貼り薬か注射の局所麻酔をしてから、CO2レーザーで病変を削ります。数分で終了し、1回の治療で完了です。洗顔は当日から、化粧は翌日より可能です。出血がなければ絆創膏は不要です。施術料金は医療機関によって異なりますが、当院では直径1mmにつき2,000円です。
当院で治療された患者さんの年齢層は、30歳代の若い女性から、上は80歳代の男性まで様々です。本日のその患者さんの場合、直径5cmほどの巨大病変でしたが、どう見ても良性です。100年間生きてこられたご長寿の証でもありますし、放置が一番と思いつつ、参考までに「レーザーで10万円位かかりますが、いかがされますか?」と尋ねたところ、ちょっと考えられてから断られました。
私は内心ほっとしました。もし「やりたい!」とおっしゃたらどうしようかと思いました。100歳の方に美容目的の自費の治療をするのも、正直、気が引けましたので。でも、女性は何歳になってもキレイになりたいと思うのでしょう。超高齢化社会に突入して、今後このような患者さんは増えていくことと思います。

2011-05-27

アルザスワイン

昨夜は、自宅でアルザスワインを飲みました。以前にもブログで書きましたが、私の定番はモーゼルのリースリングです。同じリースリングでもフランスのアルザス産はドイツ産とはちょっと違います。アルザス地方は歴史的にもドイツとの関係が深く、また気候もドイツに似ているため、栽培されているぶどう品種もドイツのものが多く、ドイツワインによく似ています。ボトルも、細長くて明るい緑色のもので、一見するとモーゼルワインとそっくりです。ただし味わいは、ドイツ産に甘口のものが多いのに対し、アルザスワインはすっきりとした辛口です。
ラベルのデザインがお洒落です。コルク栓を開栓すると、アロマが漂いました。グラスに注ぐと更に香りました。甘味が排除され酸味が強く、料理に合います。モーゼルとは似て非なるワインでした。ちなみにワインの価格は、定番モーゼルよりアルザスの方が高めでした。

2011-05-26

拡大鏡

昨日、新しい拡大鏡を買いました。そごう柏店で俳優の石坂浩二が赤いフレームのルーペを掛けているポスターに目がとまり、つい買ってしまいました。ハズキルーペと言って、メガネタイプの拡大鏡です。メガネの上から重ね掛けできます。軽くて広い視野が見えます。ちなみに老眼鏡は字を小さいまま見せるレンズなのに対して、拡大鏡は字を大きく拡大するレンズです。診療で微小病変を診るのに役立ちそうです。価格は10,290円でした。

一方、昨年買った拡大鏡はメガビュープロLEDです。レンズが5枚ついて10,900円でした。こちらは、LEDライト付きヘッドルーペです。手術のときなど手元が明るくなり便利です。ただし視野が狭いし、重いので長時間使用するとやや疲れます。2種の拡大鏡を使い分けるつもりです。

2011-05-25

授業参観

本日は、高3の次女の授業参観がありました。英語のwritingの授業で、内容は仮定法でした。私は、あたかも生徒になったような気持ちで授業に臨み、先生が生徒に質問されると自分に言われたかのように、頭の中で答えていました。わかりやすい授業でした。かつて高校生の時に学んだ例文が引用され良い復習にもなり、あるいは初めての知識にも触れ、50分間の授業が私にとって良い英語の勉強になりました。最後の礼のときには生徒とともに深々と頭を下げました。
担任の先生は化学がご専門です。学級懇談会でのお話を伺うと、生徒たちの夢の実現のために尽くそうとされる情熱が、ヒシヒシと伝わってきました。娘の席に座りましたが、机の中には、先生が作成されたオリジナルの化学の教材が入っていました。前書き、後書きにも熱いメッセージが書かれており、教材を手にすると、不思議にも勉強したいという意欲が湧いてきます。(30年以上も前に高校を卒業し、とっくに知識は抜け落ちているのですが。)
学校の先生方には、本当に頭が下がります。教師の仕事は時間の拘束が長く、授業の準備や教材作成のために膨大な時間がかかり、本当にご苦労されていることと思います。しかも木を育てるがごとく、教育の効果は、すぐには実感できません。育て上げた生徒たちが、有為な人材となって社会で活躍するには数年かかります。
私自身が教育者の資質をまったく持ち合わせていないため、教育現場でご活躍される先生方に尊敬と感謝の念を抱いております。

2011-05-24

エキシマとナロウバンドの使い分け

当院には2種の紫外線照射器があります。一つは308nmのUVBを発振するエキシマランプ、もう一つは311nmのUVBを発振するナロウバンドUVBです。2006年1月にナロウバンド、2010年10月にエキシマランプを購入しました。現在では、当院での紫外線療法の症例の8割はエキシマランプです。病変のみにターゲットを絞って照射できる点と、1照射当たり数秒で済んでしまうのが利点です。
エキシマ照射で最も多い疾患は、尋常性白斑です。従来のPUVAやナロウバンドと同様に、顔面体幹に生じた新しい病変には反応が良いです。従来の治療よりも1回あたりの効果が高いため、治癒までの回数は少なくて済みます。
次いで多い疾患は掌蹠膿疱症です。秋冬はステロイド軟膏やビタミンD3軟膏の外用のみで、そこそこ症状は抑えられますが、5月の中旬以降、急に気温が高くなると悪化する症例が多いです。5~10月の半年間は、エキシマランプの照射を併用します。足の側縁や土踏まずなど、ナロウバンドでは均一に照射できない部位にダイレクトに照射可能です。余談ですが、この疾患の難治例は喫煙者がほとんどです。
円形脱毛症の治療は、ガイドラインではステロイド局注が推奨度Bですが、PUVAはC1と下がり、エキシマは入ってはおりません。保険適応もありません。なので、当院では積極的には行いませんが、小児例など局注が困難な症例に限って行うこともあります。
ナロウバンドの症例は、一頃よりも減ってしまいましたが、やはり全身に病変が分布する尋常性乾癬はその良い適応です。乾癬の患者さんは体の大きい男性の患者さんが多いため、一度に広範囲に照射できるナロウバンドの方が効率が良いし、照射ムラがありません。全身に当てると30分位かかることもありますが、下肢照射中に新聞や本を読んでいる患者さんもいらっしゃいます。
使用頻度の差はありますが、いずれの機種も当院で大活躍中です。近隣の先生方から患者さんをご紹介いただくこともありますが、患者さんがインターネットで調べて来院されることも多くなりました。

2011-05-23

しばらくメガネです

4月に新しいメガネを作りました。老眼鏡ではなく、まったくの近視用メガネです。もともと強度の近眼で、裸眼ではほとんど見えません。ずっとコンタクトレンズをしていました。2年前に近くのものが見えづらいことに気づき、100円ショップで+1の老眼鏡を試しに買ってみました。すると、細かいものがよく見えました。否応なく老眼が発症していることに気づかされました。4月になり、遠近両用のメガネが必要かもしれないと思い、隣の眼科を受診しました。遠近ともきちんと視力を測ってもらったところ、結局、現行のコンタクトレンズと同じ度数の近視用メガネで十分と言われ、「本当にそれで近くも見えるのかしら?」不安に思いながらも、新しいメガネを作りました。すると、遠くも近くも快適にクリアに見えたのでした。老眼鏡など不要でした。同じ度数にもかかわらず、コンタクトレンズでは近いところの焦点が合わないのに、メガネではピッタリ合います。不思議でした。
せっかくメガネを作ったのに、しばらくコンタクトレンズをしていたところ、目が充血し痒くなったので、1週間前に眼科にかかりました。コンタクトレンズの汚れが原因のアレルギー性結膜炎と診断され、しばらくコンタクトレンズを中止するよう指示されました。ステロイド点眼薬を使い、本日再診しましたが、まだ治っていないとのこと。
私は20代の頃からメガネが似合わず、かけると実年齢プラス10歳と言われていました。でも、このごに及んで見栄など張らず、しっかり完治するまでメガネで通します。

2011-05-22

キャンデラ・ユーザーズ・ミーティング

本日は日曜日でしたが、一般診療の後の午後からの予約診療は行わず、キャンデラ・ユーザーズ・ミーティングに行ってきました。会場は有楽町の東京国際フォーラムです。到着したのは15:00でしたので、最後のハンズ・オン・セミナーのみ聴講しました。患者さんの施術部位に対して、術者の立ち位置とハンドピースの移動方向についてのお話は、有益でした。患者さんと術者の両者にとって楽な方法です。マニュアルなどには記載されていませんが、なるほど、と納得しました。
こうした講演会に参加すると、また新しいレーザーが欲しくなります。こう書くと、担当の営業の方が飛んで来られるかもしれませんので、いつかは、ということにしておきます。
キャンデラの会は毎年参加していますが、レーザーメーカーの最大手だけあって、学術活動への熱心さが伝わります。ユーザーにとっては、有益は情報を得ることができる貴重な機会です。
16:30に会場を後にして、再び我孫子へ。17:30からZUMBAのレッスンです。思い切り汗をかいて完全燃焼しました。
本日は、仕事→講演会→スポーツクラブと忙しい1日でした。先週に引き続き、最も多忙なのは日曜日のようです。

2011-05-21

「茶のしずく石鹸」自主回収

女優の真矢みきさんのテレビコマーシャルで人気を集めた、茶のしずくという石鹸があります。泡立ちのよさが売りで、2005年から通信販売で計約4500万個の販売実績があります。昨年12月までに販売されていた商品には、加水分解コムギ末を含有していたため、使用後に顔のかゆみ等が現れるほか、小麦含有食品を摂取した後の運動時にアナフィラキシー反応等の全身性のアレルギー(食物依存性運動誘発性アレルギー)を発症した症例が報告されています。昨年10月以降、計67人がじんましんや息苦しさなどの症状を起こし、ほとんどが軽症ですが、中にはショック状態になり救急車で運ばれた例もありました。
厚労省からの通知を受け、製造販売元の悠香(福岡県)とフェニックス(奈良県)は、12月に小麦成分を含まない製品に切り替えました。そして昨日20日、同社は12月以前に製造された商品について自主回収を発表しました。
小麦依存性運動誘発アナフィラキシー(WDEIA)は、日常診療でも稀ながら遭遇します。私も開業してから数例経験しました。ラーメンやパンなどの小麦含有食品を食べた直後に運動すると、じんましんや息苦しさ、時に血圧低下や意識消失などのアナフィラキシーを併発します。診断のため検査は、
1、CAP-RAST:小麦 、グルテン でclass2以上、
2、Prick test
3、食物負荷試験:入院管理下にて、パン摂取したのち運動負荷をかけ、誘発させる。
診断されたら、日常生活上の注意点は小麦含有食品を禁じるか、あるいは食後は運動を禁じ安静にするかです。
通常のWDEIAは、経口感作がですが、今回の加水分解コムギ末含有石鹸は経皮感作です。他にも経皮感作が先行し、初めて全身投与された抗生剤でショックを起こす例もありますので、毎日その石鹸で洗顔し、経皮感作の機会を作れば、大いにアレルギーが成立する可能性があると考えます。予期せぬところでアレルギーの原因が潜んできます。
実は加水分解コムギ末を含有するのは、茶のしずく石鹸だけではありません。他の化粧品にもたくさん含まれています。昨年10月の厚労省の通知では、容器又は外箱には、1)本製品に小麦由来成分が含まれている旨、2)使用中に異常があった場合は使用を控える旨、を表示するよう義務付けています。消費者は、これらに注意して石鹸や化粧品を使用するべきでしょう。

2011-05-20

凡才も経験を積めば達人に

昨日、医療関係者でない他業種の方とお会いしました。私のブログと当院のHPを見てくださったとのこと。「毎日更新されているのですね。才能がおありのようです。」と褒めて頂きました。
しかしながら、実態は違うのです。本当は私はITスキルに乏しく、キーボード操作も苦手です。40の手習いでパソコンを自己流で使い始め、開業してから連日パソコンをいじっているうちに何とか使えるようになりました。7年前に医院のHPを試行錯誤して自力で作りましたが、いつか機会があればプロの業者に制作にさせよう、と考えているうちに年月がたってしまい、結局、自分で更新を続けております。今までのところ、製作費も維持費もゼロです。
ブログの開設も、今年の正月に急に思いついて作りました。HPやブログ制作のノウハウを人から教えてもらったことがないため、いかにも素人っぽい体裁です。身近に教えてくださる方がいればいいのになあ、と時々思います。
実は、日記も大の苦手です。子供のことから日記や作文を書くことは、苦痛でした。ネタにも困りはて、続いた試しがありません。こんな私が、ブログを毎日更新しているのは奇跡のようです。
私は何においても才能に恵まれず、スキルを身に付けるスジもあまり良くないため、人の何倍も時間をかけて努力しないと人並みになれないのです。スマートではないのです。ですが、経験を積んでいるうちに、何とか達人の域になれるのでは、と常に前向きに希望をもって生きています。

2011-05-19

アトピー性皮膚炎との付き合い方

昨夜は、クレストホテル柏で東葛地区皮膚臨床懇話会がありました。千葉大学皮膚科准教授の神戸先生による「皮膚科診療の醍醐味と責任-アトピー性皮膚炎との付き合い方-」という講演です。不肖私が座長を務めさせて頂きました。私はこの会の世話人をしているため輪番で回ってきます。
講演内容は道理を説いた標準的な内容で、奇をてらった点はありませんが、特筆すべきは、演者の先生自身の体験でした。演者の先生はアトピー性皮膚炎を患い、群馬大学学生時代には宮地先生(現・京都大学教授)の外来を受診されていたそうです。そこで「君はアトピー性皮膚炎なのだから、皮膚科に来るしかない。」と口説かれ、皮膚科に入局。その後、宮地先生にお供して京都を経由して、現職に至ったそうです。講演中のスライドでは、自宅の脱衣所の歯ブラシの脇に置いたステロイドや保湿剤の数々を紹介されていました。1日で全身への軟膏処置にかける所要時間は30分くらいで、それが蓄積されると人生の中で占める時間が相当数になることをプレゼンされていました。急性増悪期には1日2回、3週間後には改善されるので、1日1回で十分としても、全身に保湿剤を塗って、その上からステロイド軟膏を塗るのは、それなり手間がかかります。炎症が完全に消失したら、保湿剤は塗りつつも1週間に1回程度のプロトピック軟膏の外用を継続し、炎症の再燃を抑えるのがコツだそうです。プロトピック軟膏は分子量が大きいため、正常な表皮には吸収されません。よって副作用の心配はせず、寛解期に使い続けることができる、と強調されていました。演者の先生は悲哀は感じさせず、明るく語るのですが、今まで私が想像もしなかった、患者さんの立場や目線にたった負担の重さがよく伝わりました。演題通り、アトピー性皮膚炎と上手に付き合い、コントロールしながら、医師の仕事も立派にされ、模範患者さんでもあります。講演で穏やかに語る一言一言が机上の空論ではなく、雄弁で説得力がありました。
自らが進行形で病気と闘う医師は、患者さんからの強い支持を得られるでしょう。「宿命を使命に変えた」生き方に喝采を送りたいと思いました。

2011-05-18

節電中です

すっかり初夏の陽気で暑くなってきました。当院は診察室、処置室が西側に面しており、午後になると強烈に西日が射しこみ、室温が急に高くなります。冬は朝のみ暖房を入れますが、午後はポカポカで暖房は不要です。今年は連休明けより気温が高くなり、午後になると汗ばんできます。節電のため、なるべく冷房を入れずに頑張っているのですが、午後の美容レーザー治療の患者さんが、顔に汗をびっしょりかかれているのを見ると、申し訳なくなり冷房をつけてしまいます。私も、手術やヒアルロン酸の注射など、ただでさえ汗をかく治療を高温多湿の環境下で行うと、非常に疲れます。術者にとっては快適な室温で治療する方が、うまくいきます。
午後のレーザーや手術の時間帯は、冷房を使わざるを得ないと考えています。その分、午前中は、なるべく冷房を使わず、使ったとしても室温の状況に合わせてこまめに切ります。来院された患者さんにとっては、待合室が涼しいのに、診察室にドアを開けて入った瞬間、ムっと暑いのに驚かれるかと思います。いつもながら私の診察時間は数分で終わり、短いですので、診察中のちょっとの間、しばしの暑さは御辛抱ください。あるいは、半袖の上に簡単に脱ぎ着できるような服装でご来院ください。
この夏、暑さで体調を悪くされる方が出ないよう祈るばかりです。

2011-05-17

Eisweinは最高!

今日はいつもの如くZUMBAで汗を流し、明るいうちに帰宅しました。運動の後はビールと相場が決まっているのですが、今日に限ってワインが欲しくなりました。定番のモーゼルを1杯飲んだ後、冷蔵庫に冷えているアイスヴァインに目が留まり、渇望を抑えられなくなりました。グーター・トロップヒェン ラインヘッセン シルヴァーナ アイスヴァイン という蜜のような極甘のワインです。コルク栓を開栓しグラスに注ぐと美しい琥珀色でした。アプリコット、洋ナシ、白桃などの様々な果実のアロマで溢れ、とろりとした舌触りです。モーゼルのすっきりした酸味に対して、ラインのアイスワインは濃厚なゴージャスな味わいです。期待通りで満足です。
自宅で一人でワインを堪能すると、ほっと一息つき至福のひと時です。今から張り切って、おいしい夕食を作ります。本来はデザートワインとしていただくところを、アペリティフとしていただきました。

2011-05-16

祝!入会1周年

本日は私がスポーツクラブに正式に入会して、1周年の記念日です。先日も「筋肉は鍛えれば増えます」で報告しましたが、その効果は数値で明らかです。50の手習いを始めて本当に良かったです。私は元々運動オンチでスポーツ嫌いでした。今となっては信じがたいのですが、子供のころは病弱で、体育が苦手でした。10代の頃は今より10kg以上太っており肥満児でした。成人してからはずっと健康なのですが、医師になってから時間のゆとりがなく、忙しい人生を走ってきました。
丁度1年前、初めて足を踏み入れたスポーツクラブでZUMBAの虜になりました。インストラクターのダンスを見て一目惚れに近いビビっとくるものがありました。以降、週に4回きっちり通い夢中で汗を流しています。私の場合、直感でビビっときたものは、ずっとお気に入りです。子供のころからラテン音楽が大好きで、スタンダードなヒット曲は大体知っています。元々大好きなノリのよいラテン音楽と相まって、容易にのめり込んでしまいました。今ではすっかりZUMBAが生活の一部です。仕事関係の講演会とぶつかることもありますが、何とか時間をやりくりしてずっと続けたいと思います。
お陰さまで、現在が最も筋肉の量が多いようです。1年前まで、筋肉を鍛えるのがこんなに楽しいとは思いませんでした。調子に乗って、ボディービルダーのようなムキムキの体型を目指そうかと妄想してしまいます。老後のために、現役時代から「貯筋」が開始できて本当に良かったです。老後になってからでは、時間があっても「貯筋」は億劫になりそうです。「貯筋」は始めるなら1日でも早い方が良さそうです。

2011-05-15

知的好奇心こそ若さの秘訣

今日は忙しい1日でした。一般外来と予約の診療が終了したのが15:00でした。我孫子駅から電車に乗り、市川へ。都内で開業している先輩の女性ドクターと16:00に待ち合わせしておりました。1時間ほどご一緒し、その後私は慌ただしく船橋へ。
船橋市皮膚科医会が主催の学術講演会に行きました。北里大学皮膚科名誉教授の西山茂夫先生の講演です。いつもながら先生の講義は明快でわかりやすいです。日本の皮膚科学会の大御所であり、私が最も尊敬する皮膚科の先生です。年齢は80歳近いのですが、頭脳明晰で冴えわたっていらっしゃいます。西山先生の元気なお姿を拝見するだけで、私は勇気付けられます。私にとっては、雲の上の憧れの存在です。
懇親会では、亀田総合病院の皮膚科部長T先生とお話ししました。彼は、年齢は私より上ですが医局の後輩です。彼の下に4人の医師がいて、大所帯をまとめて忙しく活躍している様子でした。「昨年よりも若くなったみたい。いかにも仕事をバリバリこなしている様子が顔に出ている。」とお褒めの言葉をいただき、嬉しくなりました。そういう彼こそ、見た目には40歳そこそこにしか見えません。
私の知る限り、皮膚科の先生方は実年齢より若く見えます。実態は、仕事が忙しくて鏡を見る暇がなく、自分のことを構っていられないはずなのですが・・・肌を手入れするより、旺盛な知的好奇心を持ち続けることこそ、若さを保つ秘訣かもしれません。

2011-05-14

Googleさん、しっかり!

昨日のカレンダーのみがぽっかり空欄です。年始から開始したブログも、昨日初めて更新できませんでした。理由は日本時間の5月12日の夕方、GoogleがBloggerをメンテナンスして1時間弱位で作業を終えたようなのですが、新しい設定をリリースしてからエラーが発生してしまいました。読み取り専用モードのみで、編集投稿ができない状態になりました。世界中のBloggerユーザーが「またか!」とがっかりし、困ったようです。Bloggerヘルプフォーラムの英語版には世界中より書き込みがありました。私は昨日休診で自宅にいたのですが、何度もチェックして復旧の進捗状況を確認しました。エラー発生して24時間後に自分のブログを見たら、5月12日の投稿が削除されていました。おそらくサーバーの状態をメンテナンス直前の状態に戻したのでしょう。 ヘルプフォーラムにはGoogleの社員から、「復旧に向けて頑張っているので、今しばらくお待ちください。」との英語の書き込みがありました。
こんなわけで昨日は遂に更新を諦めざるを得ませんでした。日本時間の本日未明には、約36時間ぶりにやっと復旧したようでした。しかしながら、5月12日の投稿分の統計が消え、カウンターがゼロになっておりました。
世界最高水準の技術の粋を集めた天下の Googleですら、この有様です。日本語版のヘルプフォーラムには、5年間使ってこんなの初めて、との書き込みもありました。
システムのメンテナンスや設定の変更をしたらバグってしまい、一旦元の状態に戻さざるを得なかった、というのは電子カルテではよくあります。一般のユーザーにとっては、エンジニアが頼りです。1週間に2回もエラーを生じて、この間更新ができず本当に不自由でした。
Googleさん、こんなことが2度と起こらないよう、どうかよろしくお願いいたします。

2011-05-12

雨のお通夜

昨夜は、以前にご近所に住んでいてお世話になったご婦人のお通夜がありました。享年60歳。まだこれからというときでした。1ヵ月前、前日までまったく元気だったのに、自宅で突然意識を消失し、病院に搬送され蘇生されたものの、脳死状態が続きついに心停止に至ったそうです。突然の悲報に驚き、お通夜に参加しました。冷たい雨が降りしきる中、セレモニーホールに集った多数の弔問客が会場内に入りきれず、外まで焼香の列が続き、傘をさして順番を待っていました。ホールの職員が「焼香はお一人様一つまみにしてください。」と参列者に小声で指示をしていました。故人は無名の主婦です。生前の人徳のなせる業でしょう。最後のお別れにと、縁のある方たちが一堂に会したようです。
喪主のご主人とは目礼を交わしただけで、あまりに多くの参列者のため言葉を交わすことなく帰宅しました。一抹の寂しさを感じながら、床につきました。
そして私は夢を見ました。夢の中では・・・
なんと、故人のご婦人とご主人が2人揃って、私の前で正座していました。向かって右が故人、左にご主人。故人は生前よりも美しく着飾っていました。髪は美容室でセットしたような仕上がり、顔はフルメイクで深紅の口紅、黒の半袖のセーター、そしてゴールドの大ぶりのネックレスとブレスレット、指には大粒のダイヤモンドの指輪をしていました。生前の地味さとかけ離れたゴージャスなマダムになっていました。満面の笑みを浮かべ、「古谷野さん、よく来てくれたわね。」と言っていました。夢の中で3人で談笑していたようです。
目が覚めると、夜明けでした。あまりにリアルな夢で驚きました。
通夜に参列した日に故人の夢を見たのは初めてです。夢を人に話すのは恥ずかしいのですが、珍しかったので書きました。本日は告別式、故人の冥福を心より祈ります。

2011-05-11

リリカ投与のコツ

昨夜は、クレストホテル柏で我孫子市医師会の学術講演会がありました。順天堂大学麻酔科の井関先生による「神経障害性疼痛の診断と治療」~ブレガバリンが我が国の疼痛治療に及ぼす影響について~という演題です。先月も疼痛の講演がありましたが、また別の観点からの話題でした。以前にもブログで帯状疱疹後神経痛にリリカが有効である、と書きましたが、あれから3カ月以上たち、私はさらに多くの症例にリリカを投与しております。リリカの添付文書には、「通常、成人には初期用量として1日150mgを1日2回に分けて経口投与し、その後1週間かけて300mgまで漸増する。」とありますので、私はこの通りに投与しておりました。発売後、最初に投与したのは80歳代の高齢者でした。10年来の帯状疱疹後神経痛が内服1日目で劇的に効いた、と喜ばれました。副作用もなく、継続されています。ところが、その後何人かの患者さんから、めまい、ふらつき、眠気などの副作用で、1日飲んだだけで中断せざるを得なかったと言われました。副作用の発現については、年齢、体格、腎機能障害の有無などからは全く予測がつかず、個人差が大きいと感じております。演者の先生も同様のご意見でした。推奨される投与法としては、まず初日に夜75mg、副作用があれば減量、副作用がなければ翌日より150mg分2、腎機能低下が疑われる場合や高齢者の場合、50mg分1または分2から開始して、1週間ごとに増量が望ましいそうです。効果と副作用のバランスで至適用量を決定します。
さらに演者の先生の経験では、元気がない、不安である患者さんの痛みに有効な場合があり、気分変調薬の役割もありそうとのこと。高齢者では浮腫の頻度も高いが、腎障害がなく程度が軽症ならば続行されても問題はない。投与中止で速やかに回復するとのこと。
大変勉強になりました。

2011-05-10

システムエラーでした

昨日突然、Bloggerに投稿できなくなったバグは、ユーザー側の原因ではなく、Bloggerを運営するGoogle側のシステムにエラーを生じたためのようでした。Bloggerヘルプフォーラムでは、同じような書き込みがたくさんありました。昨日私が行った対処法は、投稿エディタを「新しくなったエディタ」→「以前のエディタ」にチェックボタンを変えただけなのですが、これでは、とりあえず投稿はできてもその他の不具合が解決できないようでした。
昨日は、世界中のBloggerユーザーが困惑したようですが、米国のGoogle社がシステムの復旧に取り組み、日本時間で本日の14:00頃、やっとシステムが復旧しました。解決までの所要時間は36時間位だったのでしょうか。予想よりも早かったです。私は、先刻「以前のエディタ」→「新しくなったエディタ」にチェックボタンを戻しました。
つい数ヶ月前にもGoogleカレンダーにバグが生じて、当院HPの休診日が正しく表示されず、慌てたことがありました。このときは、復旧までに2~3日かかったように記憶してます。
IT界の最大手Googleすらも、システムエラーをときどき発生させます。人が作って人が運営しているシステムですから、エラーが皆無というわけにはいかないでしょう。
ブログ初心者の私は、てっきりユーザー側に起因するかと慌てました。システムエラーが原因で、ブログの更新が欠けてしまうこともありうるかもしれませんが、何卒、ご了承ください。

2011-05-09

残念・・・ブロガーの投稿ができない?!

と思いきや、こんなことでめげてたまるか、とインターネットで「ブロガー 投稿できない」と検索したところ、10秒後にはブロガーヘルプフォーラムで解決法のベストアンサーが載っているのを発見しました。その指示通りに設定したら、1分後には解決しました。上のタイトルは、解決前に先にアップしたものです。本文が空欄のままでした。こうして、復旧できたので本文が投稿できました。
困ったことがあれば、ほぼ何でもネット検索で解決できます。インターネットは現代の身近な知恵袋です。
あ~、それにしても復旧できて本当に良かったです。そうでなければ、このブログは永遠に昨日のままで、更新されなかったことになります。

2011-05-08

紫外線が強烈です

本日は最高気温も25度を超え、夏日となりました。紫外線も真夏並みに強烈です。気象庁のHPの紫外線情報分布図のページでは、日本列島の本日の紫外線量が色分けされて表示されています。
http://www.jma.go.jp/jp/uv/
この図によると、首都圏では本日のUVインデックスは7の「強い」、西日本の太平洋沿岸では8の「非常に強い」となっております。
環境省の作成した「紫外線環境保健マニュアル2008」では、一般の国民向けに紫外線対策を非常に分かりやすく、解説されています。専門的な内容もイラストを交えて平易に表現されており、私の知る限り、これ以上のものはありません。私が下手にコピペるよりも、直接PDFファイルを開いて頂いた方がよろしいかと考え、リンクします。
http://www.env.go.jp/chemi/uv/uv_manual.html

さて、本日は母の日です。もし、これからプレゼントをされるなら、お勧めは「晴れ雨兼用傘」です。年齢を問わず、年間を通して重宝します。色は遮光性の高い黒がお勧めです。きっと喜ばれるます。

2011-05-07

食はやっぱり日本ブランド

昨日に引き続き、今日も食事の話題です。日本食は世界一ヘルシーだと思います。食物繊維やミネラルが豊富な食材を低脂肪、低カロリーに仕上げることができます。日本の料理人の腕も世界一だと評価します。私は海外旅行が大好きで、外国にいろいろ行きましたが、外国で感動的なおいしい料理には巡り合ったことがありません。外国で食べる「なんちゃって和食」など論外ですが、現地で食べる中華料理、タイ料理、イタリアンなどよりも、日本のレストランで食べる料理の方が遥かにおいしいです。海外旅行の目的は、リゾートで何もしない贅沢を満喫するか、あるいは観光しまくるか、のいずれかであり、間違ってもおいしいものを食べるのを目的にしてはいけません。
日本では、米、野菜、果物、肉などの食材そのもののおいしさ、職人の腕、食の安全基準の厳しさなど、類を見ないレベルです。水道の水がそのまま飲める地球上の数少ない国の一つでもあります。海外では、水道の水を飲むことができないのが、標準です。
私は胃腸が丈夫で滅多に下痢をしたことがないのですが、ある国に旅行中に、激しい下痢、嘔吐、発熱に襲われました。夜間に何度もトイレに行き、一睡もできませんでした。人生で初めての経験でした。這う這うの体で成田に帰国し、そのまま友人の内科医のところで点滴を受けました。原因は確定できませんが、食べたり飲んだりしたものが原因かもしれない、とも思いました。

ところが、このたびの震災による原発事故で、日本ブランドの食材の地位が急落してしまいました。一時、中国人富裕層が日本の米などの食材を買い求めていましたが、現在は、日本からの輸入品に放射性物質の検査などの規制しているとのこと。国内外で風評被害が広がっています。被災地や関東地方の農家の方々の被害は甚大です。私は、スーパーの店頭にある商品は、出荷制限がないものと判断し、被災地産であっても応援するために買っております。
一刻も早く、原発事故が解決し、日本の食の安全性が認められるようになってほしいと、心から祈ります。Made in Japanは世界一。Pray for Japan! がんばれ日本!

2011-05-06

食生活は大事

昨日は運動の話題でしたが、今日は食生活の話題です。私自身、現在体調がとても良いので、参考までに日頃の食事内容を紹介します。
基本は自宅で作り、外食はあまりしません。3食とも主食は雑穀米です。白米に十六種の穀物をブレンドして炊き上げます。小豆、ハト麦、モチアワ、ヒエ、キビ、ゴマなどが入っています。白米のご飯よりも食物繊維、ビタミン、ミネラルが抱負でおいしいです。朝食は、山盛りの主食に納豆、鮭フレーク、海苔が定番です。昼食は弁当です。煮物、根菜がたっぷりの温野菜や汁物などです。前日に家で作ったものをレンジで加熱してから食べます。デザートは柑橘類です。午後3時ごろに、仕事が終わると甘い物がほしくなります。冷凍カボチャを加熱解凍してヨーグルトをかけたもの、サツマイモ、煮豆、甘栗などの、食物繊維が豊富の食品が好みです。大福餅など小豆あんの入った和菓子も大好きです。夕食は、やはり野菜中心です。主食は少なめです。バジルソースとワインビネガーをかけた海草たっぷりのサラダも好みでよく作ります。黒酢のモズクも大好きです。肉よりも魚や豆腐が好みです。夕食に欠かせないのは、ビールか白ワインです。銘柄はアサヒのスーパードライとトラベーナ・ウルツガルテン・リースリング・カビネットです。(お気に入りのワインで紹介しました。)ワインはたまに別の銘柄を買うこともありますが、ビールは他の銘柄を買ったことはありません。
21時過ぎには、食事はしません。早寝早起きが健康には一番です。
何年も、このような食生活を続けています。旅行や学会、懇親会などで前日においしい料理とお酒で高カロリーを摂取した場合、翌日には自然と食欲が抑えられて、無意識のうちにカロリー摂取制限がされますので、1週間の単位では平均されるようです。
普段は粗食に徹し、ハレの日に解禁するという、メリハリのある食生活が健康維持のためには大事であると考えます。

2011-05-05

筋肉は鍛えれば増えます

本日は、スポーツクラブに行きました。丁度1年前の連休中に友人の医師に誘われて足を踏み入れて、即入会を決意。5月に入会して最初は週に3回、10月より週に4回と、決めたレッスンにはきっちりと通いました。私はブログでもそうですが、一旦習慣になると持続するのは苦にならず、楽しみになります
本日In Bodyといって、体成分検査を受けました。入会当日、3か月後、12か月後と3回受けました。結果は以下です。
    
      体重   筋肉量   体脂肪量   体脂肪率   フィットネススコア
入会時  46.8㎏  33.4㎏   11.3kg     24.1%       85
3か月後 44.3kg  33.4kg   8.8kg      19.9%       87
12か月後 45.8kg  35.7kg   7.9kg     17.3%       93

上の結果から、体重の変化はあまりありませんが、明らかに体脂肪が減って、筋肉量が増えています。フィットネススコアとは、筋肉対体脂肪の比の指標で、数字が高いほど筋肉量が多いそうです。標準では80前後らしいのですが、それを大きく上回ることができました。ちなみに90以上がアスリートの筋肉質体型だそうです。
数値目標が達成されると励みになります。おそらくフィットネスをやめてしまったら、せっかくの筋肉が脂肪に置き換わるのでは、と不安です。今後も現在の状態を維持できるように、更に精進したいと考えています。
文字通り50の手習いでしたが、年齢に関係なく筋肉は鍛えれば増えます。ちなみに運動をしないでダイエットのみでは、体脂肪を減らすことはできても筋肉量は増えず、結果、基礎代謝量は増えません。食べても太らない体質とは、基礎代謝が高いことを指します。
私は自らの1年間の体験から、年齢に関係なく、努力次第で肉体の構成を改造することができると実感しております。心身の健康維持のためには、睡眠、バランスのとれた食事、そして適度の運動の3つが必須であることは言うまでもありません。

2011-05-04

連休中はお顔のお直し

昨日から明日まで3日間休診です。この3日間は家でゆっくり過ごす予定でしたが、昨日、友人の女性医師から携帯に電話があり、フラクショナルレーザーのリクエストがありました。そして急遽今朝、お忍びのレーザー治療を行いました。彼女は私と同年代ですが、歌手の松田聖子のように年齢不詳の美女です。昨年、気になる皺に対して当院でフラクショナルレーザーを既に3回行ったところ、皺が消えてしまい、ツルツルになったと喜んできました。ご年配の患者さんからは、娘さんに間違われたそうです。その娘さんからも効果を指摘されたそうで、連休中に是非と請われ、今回4回目の施術をしました。
このレーザー、スターラックスのLUX1540と言います。表皮にダメージを与えず、真皮のみに微小の熱損傷を与え、線維芽細胞からのコラーゲンの産生を促進します。照射後48~72時間は、真っ赤に腫れます。その後はスーっと腫れが引きますが、効果が実感できるのは1か月以上してからです。即効性はありません。忘れたころ鏡を見ると、肌が若返ったのに気づきます。キメも細かくなります。1回のみではさほど効果は期待できず、数回繰り返す必要があります。
このレーザーのデメリットは、照射時の刺されるような痛みと2日間の赤味と腫れなので、できれば翌日仕事が休みの日に施術を受けるのがお勧めです。2日間仕事が休めれば理想的なのですが、なかなか難しいです。
実は、私自身も自分の顔に、購入前のデモ機も含め昨年まで3年間に渡って累計9回の施術をしました。自前のレーザーの中で唯一リピートし、効果を実感している機種です。
同業者の女性医師からは、確かな結果の出る美容治療として高い評価を得ています。私も連休中にお顔のお直しをしたかったのですが、スポーツクラブに行く予定もあり、今回はお直しはしておりません。今年は1回もしておらず、チャンスがあればいつかは、と思っております。

2011-05-03

名旅館10選

ゴールデンウイークに旅行に行かれる方もいらっしゃるでしょう。私が、過去5年間で訪れた国内の旅館でお勧めのベストテンを紹介します。ホテルは除きます。いずれは海外旅行編もリゾート地とシティとに分けて語ります。宿泊日も記載しました。
1位 湯布院・亀の井別荘 2009/10/23
2位 草津・つつじ亭 2011/4/29
3位 湯布院・玉の湯 2009/10/24

4位以下は甲乙つけがたく、宿泊順です。
千葉・鴨川館 2006/10/10
京都・柊家 2007/11/4
千葉・風の抄 2008/3/30
群馬・仙郷 2009/7/20
広島・西山別館 2010/3/20
群馬・金盛館せせらぎ 2010/10/23
栃木・宿屋伝七 2010/12/29

接遇などのサービス、客室、食事、大浴場などを総合した評価です。上位3軒で共通するのは、総合評価の高さに加え、ライブラリー、談話室などのパブリックスペースが充実しています。滞在中ヒマに任せて読書がしたくなります。玉の湯では、貴重な国文学の雑誌や全書が閲覧できます。文化人好みです。食事については職人の技が光るのは、上位3軒と柊家、西山別館、海の幸が堪能できるのは鴨川館と風の抄です。客室については、亀の井の徹底したアンチーク志向は脱帽ものです。玉の湯と宿屋伝七の客室の快適さは特筆できます。温泉の質を問うなら、つつじ亭です。歴史と伝統の観光資源で他を凌駕するのは京都の柊家です。
旅の印象は旅館次第です。いずれも良い思い出があり、もう一度行ってみたいと思います。是非、訪れてみてください。

2011-05-02

4月の月間ランキング発表

恒例の先月の月間ランキングを発表します。
1、ヤン・リーピンのクラナゾ
アップしたその日に一気に閲覧されました。来日公演中で関心の高さがうかがえます。
2、無診察処方は違法です
アップ直後の反響は乏しかったのですが、日々、検索して来られる方が後を絶ちません。保険診療における「常識」なのですが、意外と「常識」として認知されていないようです。私にとっては驚きでした。さらに追加すべきこととして、医師法違反をした医師は、一定期間の医業停止などの罰則もあり、実名報道もされます。患者さんへの便宜を図ったつもりが、とんでもない手痛い目に合ってしまいます。先生方、くれぐれもお気を付けください。
3、ARB・利尿薬配合剤による光線過敏症
専門用語を冠したタイトルでしたが、検索される方が多いです。医療関係者や製薬会社などの関係者が見ているのかもしれません。
4、やはり子供は親次第
耳が痛いと思われた方もいらっしゃるでしょう。子育ては難しいです。子供は育てたようにしか育ちません。子供に不満があるのなら、そのように育てた親に責任があります。私自身への自省と自戒でもあります。
5、プロペシアは効きます
症例写真はインパクトがあるようです。アップして5日ですが、じんわりと検索されています。

以上です。ブログを始めて早4ヶ月、1年の3分の1が過ぎました。統計を見るのは面白く、楽しみです。

2011-05-01

想定外に混みました

2日間休診にして、連休なかびの本日、混み合いました。連休前の静けさは、嵐の前の静けさだったのかもしれません。例年だと、連休前に混雑し、連休中に診療してもガラスキが常でした。ところが今年は逆になりました。やはり、今年は遠出される方は少ないのかもしれません。本日来院された患者さんには大変お待たせして、御迷惑をおかけしました。特に、手術やレーザーの午後の予約の患者さんは、予約時間を遅くさせていただいた上に、更にお待たせして申し訳ありませんでした。
私は仕事が終わってから、次女の通う予備校の父母会に参加する予定でしたが、定刻より1時間遅れて行ったところ、丁度終了したところでした。一応、受験生の親なのですが、かまってやれません。資料を受け取ってから、駅前の酒屋でワインを1本買って帰りました。
今から、スポーツクラブに行きいつものZUMBAで汗を流します。仕事でクタクタのときこそ、筋トレでリフレッシュできます。張り切って行ってきます。