2011-04-14

割込音通知の設定

「電話して呼び出し音が何度鳴っても電話に出なかったのは何故?出ないから、てっきり休診かと思った。」と患者さんからたびたび指摘されておりました。どうやら、こちらがお話し中のときに他から電話をかけると、お話し中音にならず呼び出し中音になっていたようです。こちらからは、割込音が聞こえますので、あたかもキャッチホンの設定状態と同じです。ところが、ひかり電話に加入した当初からキャッチホンの契約をしておりませんでしたので、ずっと不審に思っておりました。
本日最後に来院された患者さんから、同様のご指摘を受けたので、NTTに問い合わせました。最初に出た女性オペレーターの回答は要領を得ず納得ができませんでしたが、追って男性の技術者から教えていただきました。原因は、当院のひかり電話モデムの設定の問題だったようです。「割込音通知を使用する」と設定されまていました。モデムの電話機1ポートに接続した場合には、受話器を外して「***991*93*2」とダイヤルボタンを押すと「割込音通知を使用しない」に設定を変更することができます。
Bフレッツ導入の工事の段階で初期設定がなされていたようでした。個人の契約者であれば、キャッチホンを契約せずに済むわけなので有益なのですが、事業所では、冒頭のような誤解を招く結果になります。改めてモデムの取説を見たら、説明がありました。
今まで、患者さんにご迷惑をおかけしました。電話に出なかったのではなく、お話し中にも関わらず、お話し中音にならず呼び出し音になっていたので、誤解を与えてしまいました。本日、直しました。当院への電話の問い合わせの内容の9割が、「本日は診療していますか?」「何時までですか?」「休診日はいつですか?」等のHPをご覧いただければ解決する内容ばかりです。地震直後など電話が通じない場合、HPをご覧いただければと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿